振袖(想い出キモノ館)

池之上かず子さんの想い出

29年前、二十歳のお祝いに買ってくれた着物です。振り袖の前につけさげを作ってくれたのですが、やはり振り袖が着たくなって、買ってもらい、とてもうれしかった想い出があります。 成人式の日は、残念ながら雨が降ったので、振り袖を着ることはできませんでしたが、後日着て写真を写してもらいました。

娘にこの振り袖を着せたかったのですが、背が高いため、着られないので、新調しました。母が和裁をしていたので、私の着物はほとんど母に作ってもらいました。娘が生まれたとき、「この子に着物を着せたい」と強く思い、今、夢がかない、二人で着物を着て出かけています。

館長からのメッセージ

心優しい、池之上さん。そして、お母様のキモノ姿を見て育ったお嬢さん。きっとお嬢さんもキモノを愛する素敵な女性に育ってくれることでしょうね。母から娘へ、もの言わずとも伝わる情操があるのですね。それは、更に次の世代へと受け継がれていきます。優しい池之上さんの心とともに。

「振袖」のお名前インデックスに戻る

ページの先頭へ戻る