振袖(想い出キモノ館)

今野明美さんの想い出

私の両親が二十歳のお祝いに作ってくれた振袖です。当時私は、親元を離れ一人で生活していたため、母は私に相談もせずに、この振袖を誂えてしまいました。そして、できあがった振袖を見せられたときには、自分には似合わないと感じました。自分ならもっと濃い色を選んだろうなと、好みに合わない振袖を恨めしくさえ思ったものです。 それから、20数年が経ち、娘がそろそろ成人を迎えることになりました。そんなとき、ミニコミ紙の「キモノでぶらり お散歩の集い」の広告が目に留まりました。地元の呉服屋さんが主催する着物のウォークラリーです。思わず、成人前の娘にこの振袖を着せてイベントに参加することにしました。

久しぶりに見る私の振袖。そして、それを身につけ、大人の女性へと変身していく、我が娘。娘の振袖姿を見て、こんなにも良い振袖だったのかと、20年前とはまったく違う印象を抱きました。刺繍も素晴らしいなと、その手の掛かっていることに初めて気づきました。

自分が着た振袖を今度は、娘が着てくれたこと。そして、それが娘に、とても似合っていたこと。その日私は、この二重の喜びに包まれ、とても幸せな気分でした。

館長からのメッセージ

キモノに限らず、人の好みや嗜好というのは、年齢によって変化してきますね。ご両親が奮発してくださった、最高の振袖を好みに合わないと感じたあの頃。そして、その時のご両親の年齢に近くなった現在とでは、当然、価値観も変わってきますね。たいへん興味深く、今野さんのお話を伺いました。

「振袖」のお名前インデックスに戻る

ページの先頭へ戻る