振袖(想い出キモノ館)

真田信子さんの想い出

我が家のこの立派なお振袖が親類をまわりやって来たのが19年前。次々と成人式に重要な役割を果たして、ちょうど3回目です。「着物はありますので帯を見せてください」とある呉服屋さんをお訪ねしました。「どんな着物であるか見ないとおすすめができません」とのお店のお話で、この立派な帯を購入することになりました。どうしようかと思いながら、娘の希望もあり大金を無理したことが・・・昨日のことのように・・・。

娘からは今でも「お母さん立派な帯をありがとう」と感謝されます。あれから20年近くが経過し、我が家の歴史にもいろんなことが・・・。長女に次いで二女の結婚。孫の誕生や入学。やっと一息ついて、これからは夫とゆっくり人生の後半を楽しもうと思ったのもつかの間、主人は他界。長女の振袖姿とテレながら並んで立つ写真・・・。 成人式の日は、6時の予約でしたので早朝から着付けをしていただき、呉服屋さんの方々に心より感謝をしたことを思い出します。

館長からのメッセージ

なが年、八千代市の保育園で保母をなさっていた真田さん。多くのお子さんの成長と、そのお母様の育児を支えてこられました。保母の仕事とご自分のお子さまの養育との両立に、心を痛めたこともあったのではないでしょうか。お嬢様のご成人に、人一倍の感慨を持たれたこと、想像に難くありません。今はなきご主人様も、きっと感謝の気持ちでいっぱいだったことでしょうね。いつまでも天国でお見守りください。

「振袖」のお名前インデックスに戻る

ページの先頭へ戻る