羽織・コート(想い出キモノ館)

伊藤清美さんの想い出

私の嫁入りに母が作ってくれた羽織です。母の実家は、山梨県塩山市。そこには武田信玄が眠る恵林寺(えりんじ)があります。毎年4月の信玄祭りの日には、小学校も早引きになり、どの家も家族で恵林寺に出かけるのです。

今から29年前、母の実家に帰った際に、この羽織を着て信玄祭りに出かけました。まだ、上の子が3歳。下の子はひとつでした。そのとき背負った下の子の手の汚れで付いたシミに、つい先日、気がついたのです。小さなシミをつけた小さな手のあの子が、今では30歳。立派な女性に成長しました。懐かしい故郷、そして、祭りの日の賑わいを思い出させてくれた一枚の着物です。

館長からのメッセージ

南アルプスや奥秩父の峰々に抱かれた谷合い国、塩山。伊藤さんの想い出の残る恵林寺は、臨済宗妙心寺派の古刹です。信長勢、焼き討ちの際の、快川国師の言葉「心頭を滅却すれば火も自ずから涼し」は、あまりにも有名です。

故郷のお祭りに、今度は、どんな想い出を残されるのでしょうね。いつかは帰りたい、心の故郷。大切に受け継いでいきたいものです。

「羽織・コート」のお名前インデックスに戻る

ページの先頭へ戻る