羽織・コート(想い出キモノ館)

岩崎弘美さんの想い出

昭和33年、二十歳の若さで世を去った私の一番上の姉。この着物は元、その姉が愛した羽織でした。長女として、三人の妹と、一人の弟の面倒をよく見てくれた、優しい姉でした。突然の他界は、今思えば医療ミスだったのかもしれません。

母は、姉が亡くなった後も、私たち妹と同じように服や水着まで買いそろえていました。「これは慶子の分」と言っていた母も、今では姉と天国で暮らしているのです。

私に残された羽織は、お正月に良く着させてもらいました。その後、母が私の娘のために縫い直し、今の姿になっています。汚されるのがいやで、とうとう子供には着せずじまいになってしまいました。姉の想い出とともに、しっかりと「しつけ」をかけておくつもりです。

館長からのメッセージ

クヨクヨしたところなど見たことのない岩崎さん。その岩崎さんに、こんなに悲しい想い出があったとは。ついにご自分の子供には着せなかったキモノ。いかにお姉さまを大切に思ってきたか、その愛の深さを感じます。お姉さまのお墓には、今でもお花が絶えることがないそうです。天国でお母様とともに、岩崎さんを見守ってくれていることでしょうね。

「羽織・コート」のお名前インデックスに戻る

ページの先頭へ戻る