羽織・コート(想い出キモノ館)

水上美恵子さんの想い出

私が二十歳の時に亡くなった母の羽織です。きっと若い頃に着たものなのでしょう。形見分けの時、なぜかこの色柄に惹かれて、私の手元に残っています。

明治40年生まれの母は、いかにも明治の女性らしく、父に尽くし、私たち子供にも優しい人でした。甘えんぼで、一人でよその家に泊まることのできなかった私。そんな私の学校の旅行に、着物姿で付き添ってくれた日のこと、今でも思い出します。

そんな母の面影を宿す銘仙の羽織。いつまでも色あせることなく、私に優しく語りかけてくれるのです。

紋付きの羽織は、義理の父が残したものです。建築関係の会社の社長だった義父。気っぷの良い人で、ずいぶんと、もてたそうです。後に残された義母が、父がなかなか迎えに来ないと、やきもちを焼いていたのが、今では笑い話になっています。

館長からのメッセージ

優しく、そして美しい羽織の色柄に、水上さんは、お母様の面影を見ていらっしゃるのですね。今の自分よりも若くして亡くなったお母様のこと。遠くを見つめる目で語ってくださいました。

かたや、お父様の羽織は晴れの日を飾る紋付き。お仕事柄、活躍した一枚なのでしょうね。タンスを開ければ、いつでも懐かしいあの人に会うことができるのです。

「羽織・コート」のお名前インデックスに戻る

ページの先頭へ戻る