訪問着・付け下げ・色無地(想い出キモノ館)

海野貞子さんの想い出

この着物は、母の形見です。父が急死したとき、私はまだ、母のお腹の中でした。裕福な家屋敷に育った母が、三人の子供を一人で育てねばならなくなってしまいました。

父が母に贈った着物が、宮様の訪問着でした。黒地に赤の一糎四方の升文様、そこに金と銀の模様が飛んでいます。これが織られている生地だそうです。母は、時々出して見ていたが、結局一度も手を通すことはありませんでした。

先日、この想い出の着物を私が着たのです。プロのカメラマンが撮ってくださった写真が良かったので、想い出キモノ館に出展することにしました。母は、喜んでくれたでしょうか。
父と母の想い出の着物。75年位前の着物です。

館長からのメッセージ

お父様の記憶を持たない岩井さん。残された一枚のキモノに、お母様、そして、着物を贈ったお父様の面影を感じていらっしゃるのですね。

 

「訪問着・付け下げ・色無地」のお名前インデックスに戻る

ページの先頭へ戻る