訪問着・付け下げ・色無地(想い出キモノ館)

関根志奈子さんの想い出

振袖は、娘の二十歳の祝いに誂えたもので、京都で着物の図案を描く仕事をしている叔母のデザインによるものです。娘ふたりと姪っ子が着てくれましたが、いつの日か孫が袖を通すときが来ることを楽しみにしています。 付下げも叔母の図案によるものです。もともとは白地でしたが、私の希望で紺色に変えていただきました。主人の仕事関係で仲人などの出番が多く、大活躍の一枚でした。

主人の母は、東京の木場で建築業を支えてきただけに気丈な人で、その母から伝えられたのが黒の羽織です。羽織と共に関根家の家風も受け継いできた、私の半生を物語る着物達です。

館長からのメッセージ

着物と共に生き方まで受け継いできた関根さん。お嬢様達もそんなお母様の姿をしっかりと見つめていらっしゃることでしょうね。

 

「訪問着・付け下げ・色無地」のお名前インデックスに戻る

ページの先頭へ戻る