訪問着・付け下げ・色無地(想い出キモノ館)

谷藤蔵幸さんの想い出

子供の頃、母の着物姿に憧れ、お正月やお祭り、そしてお盆のお墓参り等、着物を着せてもらえるを楽しみに、ワクワクして待ったものです。その頃のものは、いろいろな形に縫い返され、そしてボロとなって処分されてしまいました。

この着物は、私が成人してからのもので、特に思い出深い二着です。1961年の春、縁あって結婚することになり、8年勤めた会社を退職いたしました。結婚披露宴のお色直しにぜひ、自分のものを加えたく、退職金を手に、知人の紹介で呉服問屋に行きました。当時の小樽は、まだまだ商売は栄えており、問屋街も賑やかでした。呉服問屋の店内は広く、山と積まれた商品の中から目に止まったのが、この訪問着でした。

館長からのメッセージ

谷藤さんのお嬢さんと息子さんも、今では「私の想い出キモノ館」の良き理解者です。お母様の気持ちをくみ取ることのできる優しい兄妹なのです。

「訪問着・付け下げ・色無地」のお名前インデックスに戻る

ページの先頭へ戻る