帯(想い出キモノ館)

木村和枝さんの想い出

私の家系は代々着道楽。ご多分に漏れず、私もその血を受け継いでいます。着ることはもちろん、日頃から洋裁をし、創作を楽しんでいます。そんな折り、骨董市で知り合った友人の姿にヒントを得、創作きものもつくるようになりました。

帯の土台には、バリの手織の綿、絹を使っています。いろいろな生地をパッチワークのように繋いで、一本の袋帯にしました。

館長からのメッセージ

どのキモノにも想い出が有り、また、その想い出を受けとめるだけの力がキモノには有るのだと思います。黒紋付にパッチワーク、洋裁をされる木村さんならではのアイディアですね。キモノの無限の可能性が感じられる素敵なキモノです。

「帯」のお名前インデックスに戻る

ページの先頭へ戻る