その他(想い出キモノ館)

西山美津さんの想い出

この着物は、私の母方の祖母がお嫁入りの際に掛けてきた被衣(かつぎ)です。明治9年生まれの祖母は16歳で嫁いだそうですから、明治25年のこと。明治維新の動乱も収まり、いよいよ日本が新しい国として歩みつつあった時代です。祖母は庄屋の家の娘でした。かなりの家でなければこのようなお支度はできなかったろうと思います。

その後、大正、昭和と激動の時代を生きてきた祖母。時代は変わってもいつもかわらない着物姿が、目に浮かびます。そんな祖母も昭和47年、96歳の長寿をまっとうしました。祖母の生きてきた時代、その歴史の重みを今も、感じさせてくれます。

館長からのメッセージ

日本の歴史の中でもたぐいまれな激変の時代を生きてこられた西山さんのお母様。喜びも悲しみも、すべてを飲み込んで生きてこられたことでしょうね。今を生きている私達。先人達が築いた礎の上に生きていることを忘れてはならないと、この被衣(かつぎ)を見ながらあらためて、そう感じています。実は、山田美諸子さんの見事な振袖を補修し縫い上げたのが、この西山さんなのです。

 

「その他」のお名前インデックスに戻る

ページの先頭へ戻る