紬・お召し(想い出キモノ館)

永井靖子さんの想い出

私が今、着ているお召しは、祖母から伝わる着物で、もう40年前のものです。こうして、今でも立派に私を引き立ててくれるのです。

館長からのメッセージ

幼くしてお母様を亡くされた永井さん。お母様の記憶も少ないのではないでしょうか。永井さんは、最近、着付けを習い始められたそうです。このキモノに袖を通して、お母様の温もりを感じていらっしゃるのですね。撫子のように優しいお母様。天国から、いつも永井さんを見守っていてくださることでしょう。

「紬・お召し」のお名前インデックスに戻る

ページの先頭へ戻る