慶応三年創業。
以来「いとへん」一筋です。

武蔵屋のルーツは、東京青梅。
綿布の卸商として創業しました。

慶応三年創業。
以来「いとへん」一筋です。

その後、日本橋大伝馬町での呉服問屋時代を経て、
昭和一〇年、先代榎戸寛が東京中野に呉服小売店を開店。

慶応三年創業。
以来「いとへん」一筋です。

江戸末期から明治、大正、昭和、そして平成、令和と
時代の荒波を乗り越えてきました。

注目記事

2021年の「立春」は、いつもより一日早い、なんと2月3日!...

「立春(りっしゅん)」は、これまでの長年の習慣・経験で2月4日と思い込んでいらっしゃる方が多いと思います。「立春」とは、暦の雑節「二十四節気」の中のひとつ。この日から季節は春となり、暦上の一年の始まりでもある大切な節目...

六曜がどうやって決まるかご存知ですか?

なにかにつけ六曜を気になさる方がいらっしゃいます。根強い信者です。では、暦の中で六曜がどうやって決まっていくのかご存知でしょうか? だれかすごい霊能力者が決めているのでしょうか? お手元の六曜表記のあるカレンダーをご覧...

二宮神社 式年大祭(船橋市三山)

千葉県内には、古い神事を伝える大がかりなお祭りがあります。香取神宮の式年神幸祭や、上総一ノ宮玉前神社の例大祭、東庄町東大社の式年大神幸祭などです。どれも半島県らしく、海を生命のルーツとしてあがめる神事をともなっています...

お知らせ

お知らせ一覧