慶応三年創業。
以来「いとへん」一筋です。

武蔵屋のルーツは、東京青梅。
綿布の卸商として創業しました。

慶応三年創業。
以来「いとへん」一筋です。

その後、日本橋大伝馬町での呉服問屋時代を経て、
昭和一〇年、先代榎戸寛が東京中野に呉服小売店を開店。

慶応三年創業。
以来「いとへん」一筋です。

江戸末期から明治、大正、昭和、そして平成、令和と
時代の荒波を乗り越えてきました。

注目記事

六曜がどうやって決まるかご存知ですか?

なにかにつけ六曜を気になさる方がいらっしゃいます。根強い信者です。では、暦の中で六曜がどうやって決まっていくのかご存知でしょうか? だれかすごい霊能力者が決めているのでしょうか? お手元の六曜表記のあるカレンダーをご覧...

陰紋(かげもん)と日向紋(ひなたもん)

家紋の表し方に「日向(ひなた)」と「陰(かげ)」のふたつの表現方法があります。着物への紋入れの際に、つい間違ってしまうことの多いケース。注意喚起のための記事です。 【紋名/井桁】 「日向(ひなた)」とは、モチーフ全体を...

「麒麟がくる」ならぬ麒麟がいる神社、大杉神社

お正月、五月、そして九月の年に三回の参拝「正五九参り」を続けています。参拝先は、茨城県稲敷市の古社、大杉神社です。 江戸時代の同社の隆盛を取り戻そうと精力的に経営にあたっていらっしゃる市川宮司さまの魅力もあり、参拝を続...

お知らせ

お知らせ一覧