慶応三年創業。
以来「いとへん」一筋です。

武蔵屋のルーツは、東京青梅。
綿布の卸商として創業しました。

慶応三年創業。
以来「いとへん」一筋です。

その後、日本橋大伝馬町での呉服問屋時代を経て、
昭和一〇年、先代榎戸寛が東京中野に呉服小売店を開店。

慶応三年創業。
以来「いとへん」一筋です。

江戸末期から明治、大正、昭和、そして平成、令和と
時代の荒波を乗り越えてきました。

注目記事

六曜、気になさいますか?

11月15日は、七五三の日。2020年の今年は、数年ぶりに週末、日曜日に巡ってきます。六曜は、「仏滅」。六曜を気にしてお祝いを選日なさる方には、悩ましい日柄です。あまりお日柄を気にしすぎるのもいかがなものかという話を少...

七五三の日は、なぜ11月15日なの?

11月15日は「七五三」。長らく習慣でそう感じてきました。暦にもそう書かれています。では、なぜ11月15日が七五三の日になったのでしょうか。 これは、別項の「七五三のいわれ」にも書いたように徳川将軍家の「袴着の儀」がお...

【暦の雑節】亥の子(いのこ)と十日夜(とおかんや)

10月最初の亥の日が、暦の雑節「亥の子(いのこ)」です。収穫祭的要素が強く、主に西日本で行われています。お餅をついてお供えし、田の神様と同様に亥の子神を山にお返しする行事です 本来は、旧暦の十月最初の亥の日に行われてい...

お知らせ

お知らせ一覧