【千葉 勝田台店】小さな小さな旅10月、催行報告 当日のお写真をご覧ください!

小さな小さな旅10月で訪ねた明治座さんの前には、石畳とイチョウ並木が美しい、遊歩道の公園があります。晩秋はイチョウが色づき、ここが最もフォトジェニックになる季節。秋に訪ねられたのは、幸せでした。開演前のひととき、これから拝見する舞台への期待で胸一杯の皆さまを美しい背景のもと、撮影させていただきました。

「恋、燃ゆる。」、休憩時間を含め上演時間3時間15分の舞台でした。8月に再開し毎月開催している「小さな小さな旅」ですが、今回が再開後初めての本格演劇の鑑賞。京都の大店の女将として自分を殺して懸命に生きてきた主人公 おさん 。若く生真面目な手代 茂兵衛 によって真実の愛を知り、初めて自分らしく生きることを決意します。その心情の変化が丁寧に描かれていました。終演後には、感染予防ということもあったのでしょう、抑制のきいたカーテンコールもありました。その〝抑制〟がかえって、俳優からの私たち観客や舞台には立たない数多くのスタッフへの〝感謝の気持ち〟を強く感じさせ、とても感動的でした。コロナ禍にありながら、こうして本格舞台を拝見できたこと、関係者の皆さまに心から御礼申し上げます。

お知らせ

お知らせ一覧

武藏屋からのお知らせ