【千葉勝田台店】小さな小さな旅の安全対策について。安心安全なご旅行のために

【ご案内しております「小さな小さな旅」の安全対策について】

①ー1.勝田台駅北口ロータリーから現地までの移動は、大型観光バスを利用します。

①ー2.正シート45席(11列)のバスに20名乗車までで運行します。通路をはさんで左右に1名ずつ、一列に2名の着席です。最後列11列目は使用しません。

①ー3.大型バス2台でご案内いたします。お客さまの定員は、2台でおおよそ35名さまほどです。

①ー4.バスのエアコンは、内気循環と外気導入を切り替え、空気を常に清潔に保っています。走行中は、窓を開けなくても室内の空気が5分程度で新しい空気と入れ替わります。

①ー4.バス車中は、飛沫防止のため、各座席の背もたれにアクリルパネルを設置しています。

アクリルパネルを設置したバス車中

②ー1.旅行中の食事について。レストランや食堂での「会食」は、当分の間、旅行の行程には加えません。基本的に、一番安全なバスの中でお弁当をお召し上がりいただきます。お座席でも召し上がりいただきやすいものをご用意いたします。

②ー2.車中は、全員が一方方向を向いているため、自然と会話が制限できます。食事が終わりましたら、マスクをご着用いただきます。

③ー1.以下の衛生用品を当日、配布いたします。

③ー2.「ビオレU 除菌やわらかウエットシート(携帯用)」ご心配な部分の除菌にご利用ください。ノンアルコールタイプですので、お口の周りまで拭くことができます。

③ー3.「今治タオルハンカチ」清潔なタオルハンカチがあると安心です。最も信頼できる今治タオルブランド認証品をご用意いたします。

③ー4.「サージカルマスク」旅先に到着しバスを降りる際、新しいサージカルマスクにお取り替えいただきます。観劇を終え、バスにお戻りになる際に、回収して処分いたします。

③ー5.「抗菌マスクケース」バス降車時に外したマスクは、抗菌機能のあるマスクケースに入れて、各自保管してください。バスにお戻りの際、劇場で使ったマスクを外し、ケースに保管したマスクを再度着用いただきます。

 

④ー1.劇場でのプログラムや入場の制限。上演時間が通常より短くなっています。入場も定員の半分50%に制限されていて、前後左右の座席を空けてご着席いただきます。

④ー2.入り口でサーモグラフィーによる検温があり、体温が37.5℃以上の方は入場できません。風邪の症状のある方も同様です。小さな小さな旅ご参加の皆さまは、朝、それぞれ検温をお願いいたします。体温が37.5℃以上の場合は、ご参加をお控えください。

④ー3.劇場のエアコンも外気を導入しており、一定の時間で空気が入れ替わります。また、客席への入場口も一部換気のため開けさせていただきます。

④ー4.劇場でも各所に手指の消毒剤を用意しております。入場、退場、トイレのご利用の際には、手指の消毒をお願いいたします。

【今後の「小さな小さな旅」の予定】

8月8日(土)「国立演芸場 8月上席」(国立演芸場)

9月22日(火祝)「能を知る会 鎌倉能舞台 東京公演」 (観世能楽堂 GINZA SIX)

10月20日(火)「恋、燃ゆる。」(明治座)

12月12日(土)「文楽鑑賞教室」(国立劇場 小劇場)

11月も鋭意検討中です。どうぞお楽しみに!

お知らせ

お知らせ一覧

武藏屋からのお知らせ